スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カバー・コピー・トリビュート
私はあっちこっちに、「ダンナちゃんがミスチルのコピバンのドラムやってます。」なんて書いているのだが、色々なバンドのサイト行くと「カバーバンドです」とか「トリビュートバンドです」と書いているのも目にする。

んー、どう違うの?ってことで調べてみましたよん。
基本的に同義語ですが、カバーバンド(cover band)またはカバーズバンド(covers band)、トリビュートバンド(tribute band)が一般的。

コピーバンドは日本独自の和製英語

日本的定義では、
既成曲にアレンジを加えず演奏することを「コピー」
既製曲に若干のアレンジを加えた演奏を「カバー」
コピーよりカバーのほうが独創性の点で格が上。
アマチュアが取り組むのがコピー、プロの場合はカバー。
と、分類される事が多いそうです。

とは言え、日本人が勝手に「こんな感じじゃん?」で言っちゃってるローカルルールなんで無視!

Grandreveの場合トリビュートバンドに入りそうな気がする、
トリビュート(讃辞、リスペクト)の意志があり、本家アーティストの楽曲やイメージを尊重して演奏しているコピーバンド、カバーバンドであれば、すべて「トリビュートバンド」の条件を満たす。

とりあえず・・・
あっちこっちに書いちゃったコピーをカバーに書き換えてくるっ!
関連記事
テーマ:音楽を楽しもう!
ジャンル:音楽
コメント
なるほど
カバーとトリビュートってそんな違いがあったんすね
( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

私は技術的にコピーは出来ないんで、勝手にカバーって言ってましたw
今度からは、「super fly」のトリビュートバンドです!( ー`дー´)キリッって言っときますw
2013/03/19(Tue) 18:48 | URL | Jowker | 【編集
Jowkerさん>
( *´艸`)クスクス
キリッ!と言っちゃってください
私も言いたいとこなんだけど・・・・
絶対にトレビュートとかトリュビュートとか微妙な間違いしそうなんで、安全にカバーにしときますw
2013/03/20(Wed) 10:45 | URL | あゆみ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。